フォトアルバム

映画サークルお勧めの映画

HP内映画検索

アクセスカウンター

  • 一番多いお客様の県は?

    ジオターゲティング

« 2011年2月 | メイン | 2011年5月 »

2011年3月

2011年3月15日 (火)

3月20日「朝霧」上映の中止のお知らせ

皆さまへ

サークル誌でも告知していました3月20日、駅前で開催予定の「朝霧」上映会ですが、東日本震災の影響で、他の駅前の全てのイベントと同時に、残念ながら中止が決定しました。

取り急ぎご報告させて頂きます。

福井映画サークル事務局

2011年3月 5日 (土)

パピヨン


YouTube: Papillon (パピヨン)


YouTube: SER aka Freedom is Paradise 1989 Sample

実はこの映画はテレビでしか観ていない。しかしそれでも映画が放つ凄身に圧倒される。マックイーン演じる主人公のパピヨンが、刑務所の仲間がヤシの実を差し入れた事がばれて、独房に入れられても絶対に口を割らず、ゴキブリを喰らってでも屈服しない場面に感動しない人間はその人格を疑われてもいいのではないかと思うくらい壮絶にして感動的。実話の映画化であり、胸に蝶の入れ墨をしたパピヨンの姿は、のちにロシアのセルゲイ・ポドロフ監督が処女作「自由はパラダイス」で引用したほど。マックイーンの出演作の中でもベストと言っていいのではないか

2011年3月 4日 (金)

信さん 炭坑町のセレナーデ  (みに・キネマ・福井上映会)


YouTube: 映画『信さん 炭坑町のセレナーデ』予告編


YouTube: 信さん 炭坑町のセレナーデ完成披露舞台挨拶

2011年3月9日(水)テアトルサンク5

第一回 13:30

第二回 16:00

第三回 19:00

あえて、長く、険しい道を歩む人間。

平山秀幸はいかなる場合もそういう人間を描いてきた。もう数十年前になるが、この人に会ったことがある。穏やかだが、その中に断固たる強い意志を持った人だなあという感想を抱いた。「マリアの心臓」でデビューして以来、「ザ・中学教師」、「人間交差点・雨」、人気シリーズ「学校の怪談」、鄭義信と組んだ「愛を乞うひと」「OUT」、「しゃべれども、しゃべれども」、「やじきた道中 でれすこ」、そして今は「太平洋の奇跡」が今公開中だ。

この映画は昨年コロナで年末に封切ったが、全く宣伝もされないまま、埋もれてしまった。素晴らしい作品だった。昔を懐かしむでもなく、単に過酷な世界ともしていない。日本が通らなければならなかった時代として描いている。時には残酷に、泣きながら、笑いながら人は生きてきた。「信さん」というのは東京から炭坑町に越してきた主人公の友人の名前で、主人公のお母親の母性に引かれる形で、主人公の友人になるというちょっとひねりがある。

「信さん」と「僕」の人生が分かれてゆくさま、在日朝鮮人の友人との交流など深く考えさせるエピソードがいっぱい詰まっていて、何度見てもその素晴らしさに圧倒されるであろう。今回のみにキネマの上映会、未見の人は是非。