フォトアルバム

映画サークルお勧めの映画

HP内映画検索

アクセスカウンター

  • 一番多いお客様の県は?

    ジオターゲティング

« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月16日 (日)

ハロウィン上映会③

Ts3e0443

エンド・クレジットが上がりだしました。

Ts3e0448

上映終了、機材をかたずけ、撤収です。映写機を収納し、積み込みを始めます。

Ts3e0450

積み込み終了、みなさま、ご苦労様でした。

ハロウイン上映会②

Ts3e0404

で、コロンビア映画のマークと共に「ゴーストバスターズ」上映開始!

Ts3e0431

Ts3e0435

Ts3e0437

次々にご覧になられる方々がいらっしゃいました。 Ts3e0440

皆、芝生に座って、小雨も降りましたが、激しくなることなく、

上手く上映中、空がもってくれました。まさに天の助けです。

Ts3e0407

その間を縫って、山下がサークル誌を配って勧誘活動したり、

いらっしゃる方々に芝生に座るための段ボールをくばっています。

Ts3e0442

こうして上映時間は過ぎて行きました・・・・

ハロウイン上映会①

  Ts3e0384

本来なら10月15日開催予定が雨模様のため、一日順延で16日の上映。

空は日本ばれとは行きませんが決行となりました。Ts3e0388

電源を設置して・・・・

Ts3e0385_2

プロジェクターの設置が始まりました。ブルーレイ使用。

Ts3e0389

スピーカーの設置もやります。コードをつなぐ作業です。

Ts3e0391_2

Ts3e0393

Ts3e0397

光は無事に出るようです。

Ts3e0395_2

で、ここからが勝負で、上映のための微調整が始まります。

スクリーンに合うように高さも変えます

Ts3e0400

試験用の映像を流して、画像の調整も始めます。

Ts3e0401_2

入念に映像の明るさ、スクリーン・サイズとの整合性をチェックします。

Ts3e0396

人も次第に集まってきました。

Ts3e0403

午後6:30分の上映に間に合うよう、準備中です。

2011年10月 7日 (金)

新・身も心も 53 

『反撥』 Repulsion 65年

大野和士第41回サントリー音楽賞受賞記念コンサート、マーラー「交響曲第2番《復活》」

を聞きに行ってきました(8月29日、サントリーホール)。大野氏は2002年3月ベルギー

王立歌劇場音楽監督就任記念演奏会で《復活》を披露し、震災後初の帰国となる本演奏会

でも、当初の予定を変更して《復活》を演目に決めました。それ位思い入れが強い曲ですから

期待十分でしたが、それを遥かに上回る素晴らしい演奏会でした。

オペラ指揮者として培ってきたスケール大きな「劇的」表現――これを自然体で行える

大野氏の力量が存分に発揮されたマーラーで、ベートーヴェン「第9番」の延長線上に

ある勝利と歓喜の凱歌溢れる音楽が創造されていました。今まで色々な実演・CDで

接してきた《復活》の中でも、間違いなくベストの一つです。

もう一つの大きな収穫が、世田谷文学館で開催されている『和田誠展 書物と映画』。

故井上ひさし、谷川俊太郎、丸谷才一、村上春樹の4名の作家との仕事から、ポスター、

挿絵・絵本原画、装丁版下等を展示しています。そして、自ら監督した『麻雀放浪記』

『怪盗ルビイ』等のシナリオ、書き込み台本、絵コンテに加え、キネ旬連載の名エッセイ

「お楽しみはこれからだ」を始めとする映画が素材のイラストレーションも多数ありました。

会場に入ると、和田氏が新たに書き下ろした絵――ジョイス『ユリシーズ』を読むマリリン・

モンロー――がまずお出迎えしてくれ、そこから書物と映画を巡る和田誠ワールドに心行く

まで浸ることが出来ました。

映画は『未来へ生きる君たちへ』等4本観ましたが、中でもロマン・ポランスキー監督

『ゴーストライター』は上映30分前に完売の人気でびっくり(ヒューマントラストシネマ

有楽町1)。
 

ポランスキーというと『ローズマリーの赤ちゃん』『チャイナタウン』『テス』が有名ですが、実は

ぼくが一番好きなのは最初期のモノクロ作品『水の中のナイフ』62と『反撥』65の2本で、とり

わけ後者には強烈な印象を受けました(2001年7月14日池袋新文芸坐、『昼顔』と二本立

で鑑賞)。キャロル(カトリーヌ・ドヌーヴ)は姉のヘレンとアパートで二人暮らし。姉は毎日

のように恋人をアパートに連れ込みますが、神経質で潔癖症のキャロルは嫌悪感を抱き

ます。それが嵩じてくると、恋人コリンに接吻されただけで身の毛がよだち、後で口を漱がず

にはいられない程の男性嫌悪症に陥ります。姉が恋人と旅行に出かけると、キャロルは一人

アパートでぼんやり過ごすのですが、夜になると男に襲われる夢を見、それが生々しく記憶に

残ります。仕事も休みがちになって、部屋の壁が大きく避けたり、ぐにゃぐにゃになる幻覚を

見ます。そんな折コリンが訪ねてくると、妄想に取り憑かれている彼女は彼を殺した挙句、浴

槽に沈めてしまいます。キャロルは現実と妄想の境目がつかなくなり、家主が彼女に迫ってく

ると、逆に剃刀で彼を滅茶苦茶に切りつけ・・・。

ポランスキーは幼少の頃ナチに迫害された経験があり、∧被害者と孤独∨というテーマが常

に作品の根底にあるような気がします。オスカーを獲った『戦場のピアニスト』も、ぼくには感

動の大作と云うより地獄を彷徨う男の孤独感を残酷なまでに抉り出した作品と映りました。日

常生活に潜む邪悪な存在、そこから浮かび上がる恐怖感を、ニューロティックに、かつ被虐

的に描くのがポランスキーの真骨頂です。『ゴーストライター』はその恐怖感をポリティカル・サ

スペンスという枠組みで娯楽作に仕上げていたわけですが、ポランスキーという監督に興味

を持った人は、是非この『反撥』も観て下さい。ホラー顔負けの怖い映画です!