フォトアルバム

映画サークルお勧めの映画

HP内映画検索

アクセスカウンター

  • 一番多いお客様の県は?

    ジオターゲティング

« 2013年6月 | メイン | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

2013年8月封切

メトロ劇場

8月上映中●ウィ・アンド・アイ(~8月9日)●コスモポリス(~8月2日)マリー・アントワネットに別れを告げて(~8月2日)

8月封切作品

8月 3日~8月16日 愛、アムール
8月 3日~8月 5日 戸田博監督上映会
8月 3日~8月 9日 
世界が食べられなくなる日
8月 6日~8月 9日 モンサントの不自然な食べ物
8月10日~8月16日 よみがえりのレシピ
8月10日~8月16日 イングマル・ベルイマン特集(処女の泉、第七の封印、野いちご)
8月17日~8月30日 
嘆きのピエタ
8月17日~8月30日 ザ・マスター
8月17日~8月23日 ハッシュハピー バスタブ島の少女
8月24日~       フィギュアなあなた
8月31日~9月13日 天使の分け前
8月31日~9月16日 もうひとりのシェイクスピア 

テアトルサンク

8月上映中 ●真夏の方程式●モンスターズ・ユニバーシティ●ワイルド・スピード EURO MISSION ●風立ちぬ

8月封切作品

8月 2日(金)ローン・レンジャー(字幕&吹替
8月 3日(土)
謎解きはディナーのあとで
8月10日(土)少年H
8月10日(土)ワールド・ウォー・Z(3D吹替&2D字幕)
8月16日(金)
スマ―フ2 アイドル救出大作戦!
8月23日(土)スタートレック イントゥ・ザ・ダークネス
8月31日(土)貞子3D 2 3D版&スマ4D(3D+スマートフォンアプリ使用) 

福井シネマ

8月上映中 ●奇跡のリンゴ●忍たま乱太郎●ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒●極道の妻たちNEO(~8月2日)

8月封切作品

8月 3日(土)劇場版 仮面ライダーウィザードIN MAGIC WORLD&劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャーガブリンチョOF MUSIC 

 

8月24日(土)ガッチャマン 

福井コロナシネマワールド

8月上映中
●終戦のエンペラー●ワイルド・スピード EURO MISSION(字幕&吹替)●真夏の方程式●モンスターズ・ユニバーシティ(2D吹替)

8月封切作品

8月 1日(木)NMBげいにん!THE MOVIE お笑い青春ガールズ
8月 2日(金)ローン・レンジャー(字幕&吹替)
8月 3日(土)劇場版 仮面ライダーウィザードIN MAGIC WORLD&
劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャーガブリンチョOF MUSIC

 

8月 9日(金)パシフィック・リム
8月10日(土)李小龍 マイ・ブラザー
8月10日(土)ワールド・ウォー・Z(3D吹替&2D字幕)
8月10日(土)
爆心 長崎の空
8月16日(金)ホワイトハウス・ダウン
8月16日(金)スマ―フ2 アイドル救出大作戦!
8月17日(土)
スクールガール・コンプレックス
8月17日(土)ジョーカーゲーム 脱出
8月23日(金)スタートレック イントゥ・ザ・ダークネス
8月24日(土)
飛び出す 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲
8月24日(土)結婚って幸せですか?
8月24日(土)パニック・マーケット3D
8月31日(土)劇場版 あの日見た花の名前を僕は知らない
8月31日(土)江の島プリズム
8月31日(土)ジェリー・フィッシュ(R18

鯖江アレックスシネマ

8月上映中●終戦のエンペラー●ワイルド・スピード EURO MISSION(字幕&吹替)●風立ちぬ●真夏の方程式●モンスターズ・ユニバーシティ(2D吹替)●ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒●100回泣くこと

8月封切作品

8月  2日(金)ローン・レンジャー
8月  3日(土)映画 謎解きはディナーのあとで
8月  3日(土)劇場版 仮面ライダーウィザード 獣電戦隊キョウリュウジャー
8月10日(土)ワールド・ウォーZ
8月10日(土)少年H
8月16日(金)ホワイトハウス・ダウン
8月23日(金)スター・トレック イントゥ・ダークネス
8月24日(土)ガッチャマン

敦賀アレックスシネマ

8月上映中

●ワイルド・スピード EURO MISSION(~8月9日)●風立ちぬ●真夏の方程式●モンスターズ・ユニバーシティ(2D吹替)●ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒

8月封切作品

8月  2日(金)ローン・レンジャー
8月  3日(土)映画 謎解きはディナーのあとで
8月10日(土)ワールド・ウォーZ
8月24日(土)ガッチャマン

2013年7月19日 (金)

新・身も心も 74  『トリコロール 赤の愛』 1994年 

スイス・バーゼル歌劇場2013年日本ツアー《フィガロの結婚》最終公演日を、滋賀県立芸術劇場大ホールで観劇しました(6月30日15時開演)。
 

舞台は幕が上がったままで、奥には巨大なポップ・アート風の(ウサギの?)壁紙。オケはノンヴィヴラートで小ぢんまりした響き。初めは迫力不足かと感じましたが、ぐんぐん調子を上げてきて、小気味よく進みます。唄とのブレンド具合も申し分なし。

メイン・キャストは皆、モデルが務まるような美男美女。設定は現代ロサンゼルス、主役は細身でスラッとした美形揃いですから、日本の小演劇風ライト&コミカルな演技がよく似合います。歌の方はアンサンブル重視と見えて、ショー・ストッパー的な人は余りいませんが、中ではカルメラ・レミージョ(伯爵夫人)の歌唱が抜群。声量・表現の深みともにキャストの中では図抜けていて、ちょっとした仕草にも華があります。二幕冒頭のカヴァティーナ「愛の神よ、安らぎを与え給え」や、第三幕のアリア「楽しい思い出はどこへ」は絶品です。

舞台を現代の大都会に設定することで、恋に右往左往する男女の愚かしさと美しさが、古今東西の人間の普遍的真理として、鮮やかにかつ生々しく伝わってくる楽しい舞台でした。とりわけスザンナと伯爵夫人は随所でコケティッシュな魅力を振りまくのですが、このあっけらかんとした明るいセクシュアリティが、現代ロサンゼルスという背景によく似合っています(舞台が東京だったら、こうはいかない!)。「古い革袋に新しい酒を盛る」理想的なアプローチでしたね。
それにしても、《フィガロ》はCD・DVDで目一杯馴染んできたのに、こうして生で聴くと、初めて接するかのようにぐんぐん音楽の力に引き込まれました。天才モーツァルトが書いた完璧なオペラ=フィガロの結婚!

話は変わります。

7月14日はフランス革命記念日ということで、FM福井の番組“Maniaxmax Cinema”(月一回更新するポッドキャステイング)7月篇では「フランス映画」をテーマにメンバーが語り合いました。その際ぼくは、“私的フランス映画史上ベスト20”を選出してみたのですが、その作品群は以下の通りです(自分が35mmで観たものに限定。ヴィデオ・DVDでしか見ていないものは対象外)。

1940年代――『天井桟敷の人々』(マルセル・カルネ、1944年)、『美女と野獣』(ジャン・コクトー、1946年)

1950年代――『黄金の馬車』(ジャン・ルノワール、1953年)、『赤い風船』(アルベール・ラモリス、1956年)、『抵抗』(ロベール・ブレッソン、1956年)、『恋人たち』(ルイ・マル、1958年)、『大人は判ってくれない』(フランソワ・トリュフォー、1959年)、『太陽がいっぱい』(ルネ・クレマン、1959年)

1960年代――『突然炎のごとく』(フランソワ・トリュフォー、1961年)、『去年マリエンバートで』(アラン・レネ、1961年)、『鬼火』(ルイ・マル、1963年)、『シェルブールの雨傘』(ジャック・ドゥミ、1963年)、『男と女』(クロード・ルルーシュ、1966年)、『昼顔』(ルイス・ブニュエル、1967年)、『ウィークエンド』(ジャン・リュック・ゴダール、1967年)

1970年代――『歌う女・歌わない女』(アニエス・ヴァルダ、1977年)

1980年代――『髪結いの亭主』(パトリス・ルコント、1990年)

1990年代――『ポンヌフの恋人』(レオス・カラックス、1991年)、『トリコロール 赤の愛(クシシュトフ・キェシロフスキ、1994年)、『八日目』(ジャコ・ヴァン・ドルマル、1996年)

 こうして自分の選んだ20本をつらつら見て驚いたのは、その殆どが人間ドラマであること。対象がアメリカ映画だったら、アクションやコメディ、SF、ミュージカルが絶対名を連ねる筈ですが、まあ見事なくらい恋愛映画が揃いました。やはり、フランス映画って愛が最大のテーマなんですね。モーツァルトの《フィガロの結婚》ではありませんが、「恋に右往左往する男女の愚かしさと美しさを、古今東西の人間の普遍的真理として描く」のが、フランス映画の真骨頂と言えましょう。
 

さて、その中から今月御紹介したいのは、クシシュトフ・キェシロフスキ監督『トリコロール 赤の愛』です。ジュリエット・ビノシュ主演『青の愛』、ジュリー・デルピー主演『白の愛』と併せて「トリコール三部作」と呼ばれていますが、ぼくが『赤の愛』を選んだのは、主演のイレーネ・ジャコブが大の御贔屓だから。同じキェシロフスキとのコンビで撮った『ふたりのベロニカ』(1991年、カンヌ映画祭主演女優賞受賞)と並んで大大好きな映画です。
 

この三部作は、各々が「自由(青)・平等(白)・博愛(赤)」を象徴し、掉尾を飾る『赤の愛』は全てを包み込むジャコブの演技が、見事に博愛の精神を体現していました。もし出来れば、青・白・赤の順に三本とも御覧いただくと、『赤の愛』のラストに深くしみじみした感慨を抱き、素晴らしい「大団円」を実感していただけると思います。

(稲葉芳明)

2013年7月 4日 (木)

2013年7月封切

メトロ劇場

上映中作品 

(~5日)●ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮●ぼっちゃん(~12日)●魔女と呼ばれた少女 

7月封切作品

7月 6日~7月19日 後宮の秘密 
7月 6日~7月19日 恋のロンドン狂騒曲 
7月13日~7月19日 故郷よ
7月20日~7月26日 羅生門
7月20日~8月 2日 マリー・アントワネットに別れをつげて
7月20日~8月 2日 コズモポリス 
7月27日~8月 9日 ウィ・アンド・アイ

テアトルサンク

7月上映中作品

●G.I.ジョー バック2リベンジ(3D吹替)●インポッシブル●劇場版STEINS;GATE●アフター・アース●モネ・ゲーム●真夏の方程式

7月封切作品

7月 5日(金)テッド<大人になるまで待てない!バージョン>(PG12)

7月 6日(土)「モンスターズ・ユニバーシティ(2D吹)」
7月 6日(土)「ワイルド・スピード EURO MISSION」

7月12日(金)「サイレント・ヒル リベレーション(3D字)」

7月13日(土)「カルテット!人生のオペラハウス
7月20日(土)「風立ちぬ

福井シネマ

7月上映中作品

●県庁おもてなし課●奇跡のリンゴ●極道の妻たち NEO(R15+)●二流小説家 シリアリスト

7月封切作品

7月 6日(土)「忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段

7月13日(土)「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ/神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」

7月27日(土)「劇場版 トリコ

福井コロナシネマワールド

7月公開中作品

●MOON DREAM (ムーンドリーム) ●SPINNING KITE スピニング カイト

●コン・ティキ●桜姫 R15+ ●殺人の告白 字幕●風切羽 ~かざきりば~ 

●殺しのナンバー  ●アフター・アース ●俺はまだ本気出してないだけ 

●サンゴレンジャー●二流小説家 -シリアリスト-●ポゼッション

●華麗なるギャツビー 3D吹替&2D字幕●エンド・オブ・ホワイトハウス 字幕 PG12

●夢の向こう側 ●G.I.ジョー バック2リベンジ 3D 吹替 ●オブリビオン●俺俺

7月封切作品

7月 6日(土)「モンスターズ・ユニバーシティ」(3D/2D 吹替のみ)
7月 6日(土)「ワイルド・スピード EURO MISSION」
7月 6日(土)「忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段」
7月 6日(土)「めめめのくらげ
7月 6日(土)「箱入り息子の恋
7月 6日(土)「アンパンマン とばせ!希望のハンカチ
7月 6日(土)「劇場版 銀魂 完結編 万事屋よ永遠なれ

7月20日(土)「ペダルダンス
7月20日(土)「トイレの花子さん
7月20日(土)「ソラから来た転校生

7月27日(土)「終戦のエンペラー
7月27日(土)「スタンリーのお弁当箱

鯖江アレックスシネマ

●アフター・アース ●二流小説家 -シリアリスト-●奇跡のリンゴ●華麗なるギャツビー 2D字幕

●G.I.ジョー バック2リベンジ 3D 吹替&2D字幕 ●オブリビオン

7月封切作品

7月 6日(土)「モンスターズ・ユニバーシティ」(2D吹替)
7月 6日(土)「ワイルド・スピード EURO MISSION」(字幕&吹替)
7月 6日(土)「100回泣くこと
7月 6日(土)「忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段」

7月13日(土)「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ/神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」

7月20日(土)「風立ちぬ」

7月27日(土)「終戦のエンペラー」

敦賀アレックスシネマ

●真夏の方程式 ●クロユリ団地 ● アフター・アース●奇跡のリンゴ   ● G・I・ジョー2(3D 吹替)   

7月封切作品

7月 6日 (土) 「モンスターズ・ユニバーシティ」
7月 6日 (土)「ワイルド・スピード EURO MISSION【字幕/吹替】

7月13日(土)  「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ/神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」

7月20日(土)  「風立ちぬ」