フォトアルバム

映画サークルお勧めの映画

HP内映画検索

アクセスカウンター

  • 一番多いお客様の県は?

    ジオターゲティング

« 新・身も心も 75 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』2000年  | メイン | 2013年9月封切 »

2013年8月20日 (火)

映画を浴びて 2013年 8月 映画評と雑感

今年の夏は、降ったり照ったり予測不能な空模様、異常気象を、はるかに通り越したもの
だ。夏蕎麦を食しながら見上げる空と洒落込むつもりはないが、こんな時は映画もやはり
喉越しのいいものがいい。

ウォルター・ヒルの「バレッド」をみた。10年ぶりという作品。昔みた「48時間」を思い出した。ニック・ノルテイとエデイ・マーフイの白人刑事と黒人服役囚のコンビで捜査に当たるのだが、このコンビの掛け合いが絶妙で忘れられない。硬派と軟派のテンポのいい凹凸コンビで快調に進められてゆく。男の心意気と友情、味のある演出であったが、何といってもアクションシ-ンの画面の向こう側から観客に向かって破壊されてゆくものの声にならないメッセ-ジ、まさに個が解体されてゆく大写しのスロ-モ-ションやストップモ-ションの多用によるあの身を投げだすようなのしかかるな映像の魅力。そんな激しい迫りぐあいが快感がヒル映画の専売特許であったのだ。当時それは今でいう3Dのような迫力と恐れを感じたものであった。

「バレット」は、人生に少し疲れた殺し屋のスタロ-ンが若い刑事と組んで悪徳刑事と対決する構図である。「48時間」の逆である。殺し屋と刑事、追うものと終われるものが一緒になって事に当たる。単純でいいし疲れないし判りやすいのが味噌。国家と自我、組織と彼我、社会の仕組みがみ見えやすい二元論で切るつもりはないが。女気のなさは流石である。

夏は暑い、しのぎいい涼しい場所は何処かと、映画館をさまよって歩くに決まっている。
彼の映画作りには暑い女優は無用なのか。扱いが今もって味も素っ気もない。又これもい
いのであろう。気を遣うのが下手である。それに面倒なのであろうか。こんな監督が一人
くらい居てもいい。

そういえば黒澤明監督の「用心棒」のリメイクが「ラストマン・スタンデング」であっ
たが、用心棒のブル-ス・ウイルス、ひたすらなマッチョ役。あの中でも人質の女性の扱
いの乱暴さは、やはり下手一品であった。この辺で色物が欲しいのだが。という場面で、
ないのだから立派。ひたすら生きるか死ぬかの銃撃戦、無機的な死と有機的な死の積みか
さねに。寂しい心意気が吹いていた。

例えば「48時間」のニック・ノルテイとエデイ・マーフィのようなコンビのキャラクタ-が生きていない。あの二人には俳優としての色気があったが。スタロ-ンは女優が絡まないと自分では色気が出せない俳優なのかも知れない。例えば「暗殺者」という映画の中でのスタロ-ンはよかったな。監督はリチャ-ド・ドナ-であった。ナンバ-ワンを競う二人の殺し屋。アントニオ・バンデランスが飛びぬけて色気ある敵役で好演、対するク-ルで言葉少ないスタロ-ンがまぶしく光っていたのが忘れられない。1995年の作品だった。誰とどのようにコンビを組むかで映画も物語も変わるものだとつくづく思った。俳優スタロ-ンには年輪を重ねた色気がないのであろうか。これは発見だ。衰弱のみが進行している役者は寂しい。無残である。俳優は映画という荒野の中で晒されて生き、荒野の中で晒されて死んでゆく。それでいいのかも知れない。荒野は大衆なのだから。人生も然りであろうか。《虚実皮膜の精神」。生もまた見知らぬ荒野である。旅はどんなコンビと組むか組んだか、が終生の問いである。1本の映画の彼方には常にそんな人生の問いかけが見える。シナリオライタ-造る人、演じる人。

(川上明日夫)

コメント

バレット見逃してしまいましたが、レンタルでたらのぞいてみます。スタローンとシャロンストーンの映画もそうでしたが、彼はやはり女性とからまないと色気が出ないですよね。
他、ランボーやロッキーシリーズ、コップランドなど、不器用な男。色気というよりは「不器用でも頑張る男」といった感じ。そっちが得意なんでしょうね。

コメントを投稿