フォトアルバム

映画サークルお勧めの映画

HP内映画検索

アクセスカウンター

  • 一番多いお客様の県は?

    ジオターゲティング

« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

スパイク・ジョーンズ監督『her/世界でひとつの彼女』(米、2013年)

稲葉芳明

近未来のロサンゼルス。

セオドア(ホアキン・フェニックス)は、顧客の依頼で家族や恋人へ親愛の手紙をしたためる“代筆ライター”。感性が豊かで繊細な彼は、社内ではその文才を存分に生かした仕事ぶりで一目おかれているが、実生活では幼馴染の妻キャサリン(ルーニー・マーラ)と離婚調停が進んでいる。同じマンションに暮らす友人エイミー(エイミー・アダムス)は、デートの相手を紹介しようとするものの、彼は妻への未練が断ち切れず悶々と日々を過ごしている。

そんなある日、“It's not just an operating system, it's a consciousness.”(これはただのオペレーティング・システムではない。意識をもつOSだ)という宣伝文句に惹かれ、セオドアは最新式人工知能 “OS1” を購入する。幾つかの質問に答え、最適化されたOSが起動すると、画面から聞こえてきたのは自らサマンサと名乗る人工合成の「声」。

サマンサ(スカーレット・ヨハンソン)は有能な秘書ぶりを発揮し、メールの整理など朝飯前。原稿の構成も手際よく行って、本を編集して出版社に売り込むほどの手際の良さ。仕事面だけではなく、セオドアの愚痴にも優しく耳を傾け、キャサリン不在の空白を埋める存在に。いつしかセオドアは、サマンサなしでは夜も日も明けぬようになり、遂に二人は相思相愛の仲となるのだが――。

 通常なら、これは一風変わった恋愛映画か都会型喜劇のプロットとなるところだろう。あるいは、現実の人間と接するのが苦手で、ヴァーチャル・リアリティにしか生きがいを見出せない「ネト充」人間を辛辣に風刺する社会戯画に仕上げるアプローチも有りか。ところがこの映画、そんな皮相なレベルを突き抜けた傑作に昇華した。何故か?

 一つの理由は、スパイク・ジョーンズ監督自ら手がけた脚本の、斬新な発想と完成度の高さ。セオドアは、依頼主に代わって親書を手掛ける時は情感溢れる名文を綴り、手紙という形で相手と心のこもった交流をすることが出来る。しかし実生活においては、奥さんと上手く意思疎通を図ることが出来ない。多くの市民が耳にはめ込んだ超小型コンピューターとひたすら会話する現代社会において、主人公はOS相手なら自然に接し、時には内面を赤裸々に曝け出し、時にはそこに安らぎを見出す。これらのエピソードが複合的に重ね合わせられ、現代(近未来)における「コミュニケーション」の意義と方法論を思索していくプロセスが実に見事である(実のところ筆者には、サマンサの「声」が、かの『2001年宇宙の旅』のスーパー・コンピューターHAL 9000と次第に重なっていった)。でも、過度に生真面目に、深刻になり過ぎることもない。無駄の無い展開と磨き上げられた台詞によって、ウディ・アレン映画を幾分オフビート気味にしたような、ライトでマイルドで知的な雰囲気を醸し出す手法が鮮やかである。

 二つ目の理由は、主役のホアキン・フェニックスとスカーレット・ヨハンソンの名コンビぶり。ヨハンソンは「声」のみの登場、しかも所詮人口合成音に過ぎないのに、ちょっとハスキーがかった声で主人公を優しく慰撫したり励ましたり、甘い声で笑ってみたり、時にはツンと拗ねてみせたり、その声自体が艶っぽくてすこぶる魅力的で、台詞回しの巧みさはもう絶品。これはもう、セオドアのみならず大抵の男性顧客は一目惚れ、もとい、一「声」惚れするだろうし、こんなOSが売り出された節には筆者は即「買い」である(笑)。

ホアキン・フェニックスはサマンサ相手に自然な「受け」の演技に徹していて、図らずも人工知能と恋に落ちる男性を、奇異と感じさせない存在感を示している。この二人の相性は抜群で(There’s good chemistry between them.)、その極めつけは二人の「ラヴシーン」!これは映画史上初とも言えるユニークな展開で、筆者は驚きを通り越して最後には感動した。

三つ目の理由は演出のセンス。明るい色彩を活かしたポップな画調で、近未来の都会を身近なものにすんなり納得させる映像造形力に加え、音楽の使い方の抜群のセンス(Arcade FireやKaren O)にも唸らされた。

 

セオドアとサマンサの恋の行方は、此処では記さないでおこう。

『2001年宇宙の旅』に登場したStar Childではないが、人類の叡智を易々と超える人工知能と我々人間は、今後どう向き合うのか、付き合っていけるのかと云う深遠で哲学的主題がさりげなく提示され、複雑で不思議な余韻を残すことは間違いない。あとは、個々の観客に解釈が任されていると言えよう。

筆者は、形而上学的コミュニケーションというか、人間と人工知能(非人間的存在)との「究極の恋」の顛末に深遠かつ現代的なテーマを見出すと共に、人が人と接し愛することの素晴らしさと美しさを、再認識させられた。

Her

2014年7月 7日 (月)

散歩道 女優・高峰秀子

子どものころから美しい女優が大好きだった。世の中にはなんであんなに綺麗な人がいるのだろうと不思議で仕方なかった。自分のまわりを見ると、ちょっと綺麗な人ならけっこういるが、女優ほどの人はいない。

 この間、友達が「女優・高峰秀子」という88ページの冊子を見せてくれた。東京の神保町シアターが5年前に、彼女の出演した42作品を上映したのを記念し、解説書として発行したものだ。解説を書いているのは川本三郎。この人の映画に関する文が好きなこともあって夢中で読んだ。解説はどれも短いけれど、映画と高峰秀子の魅力を存分に伝えていて、彼女の映画をあまり見てないのが悔しくなったほどだ。恋愛もの、喜劇、ホームドラマなど役柄は多彩である。

映画黄金時代、高峰秀子は私にはちょっと綺麗な女優さんだった。岸恵子や岡田茉莉子、岩下志麻や佐久間良子など、うっとりするような美しい女優がたくさんいて、ちょっと綺麗な高峰秀子には関心がなかったのだ。美しい女優は大人の魅力にも富んでいた。そんな女優の恋愛映画を観るのが大好きで、私は口紅を塗って大人のふりをし、校則違反を犯しながら映画館に通った。恋愛映画と口紅の効果は大きい。私は大人の恋愛に憧れ、ついには恋に恋する乙女になったのである。

 高峰秀子の映画を観たのは「名もなく貧しく美しく」が最初だ。まだ夫婦の情愛も理解できなかったが、世間の評判につられて観たのだった。高峰秀子は聾者で地味な主婦の役であった。物語もよかったし、彼女がきらきら輝いていて、これまでの映画とは違う感動があった。人は恋愛だけで生きているのではないという当たり前のことを考えた。しかし頭の隅には恋愛の炎が燃え盛っていた。

 さて、解説書には彼女の出演した映画が網羅してあって、写真も沢山ある。高峰秀子はいろんな役をこなした女優なのだなあと改めて思う。「二十四の瞳」、「浮雲」、「乱れる」を観たのはビデオのレンタルショップができてからである。どれもよかった。ことに「浮雲」は、不実な男と別れられない女の役がよかった。森雅之もその悪い男にぴったりであった。

解説書にはいくつもの場面があって、主人公に感情移入してしんみりしたのを思い出す。

映画全盛時代に活躍した女優をテレビでも見かけることはほとんどない。歳月は流れたのだ。若いころ、恋に恋した私も今は静かな心境である。だが、「女優・高峰秀子」を見ていたら歳月を巻き戻し、恋愛の甘さ、苦さを思い出した。

(中島美千代)

2014年7月 6日 (日)

新・身も心も 85 『天使にラブ・ソングを』(Sister Act, 1992)

 この一ヶ月で、芝居を四本観ました。観劇順に記しますと、劇団☆新感線『いのうえ歌舞伎《蒼の乱》』(梅田芸術劇場メインホール 5月17日夜の部)、『シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~』(帝国劇場 6月7日昼の部)、コクーン歌舞伎第十四弾『三人吉三』(シアターコクーン 6月7日夜の部)、青山円劇カウンシルファイナル『赤鬼』(青山円形劇場 6月8日昼の部)――です。

いずれも、「芝居」ならではの自由な表現技法と想像力・創造力およびlive performanceならではの臨場感・スリルを存分に味わわせてくれる素晴らしい舞台ばかりでしたが、この四本の中では最も映画との繋がりが強い『シスター・アクト』を、今月は御紹介しましょう。

ウーピー・ゴールドバーグ主演で、世界的に大ヒットした映画『天使にラブ・ソングを…』(Sister Act, 1992)。これを舞台化(ミュージカル化)するに際しては、ゴールドバーグ自ら共同制作者として企画に深く関わり、2009年にロンドンでワールド・プレミア。2011年にはブロードウェイで幕を開けて大ヒット、トニー賞5部門ノミネートの成功を収めました。

元(原作)となった映画は日本でも大変好評を博し、この映画が契機となって「ゴスペル」という言葉と音楽が人口に膾炙するに至りましたので、待望の日本公演が実現したと言えるでしょう。

 

まずは、映画の物語のおさらいです。

――ネヴァダ州リノのカジノで歌うクラブ・シンガー、デロリス=ヴァン・カルティエ(ウーピー・ゴールドバーグ)は、一帯を仕切る顔役で自分の愛人でもあるヴィンス(ハーヴェイ・カイテル)が、組織の裏切り者を殺す現場を偶然目撃。慌てふためいて警察へ駆け込んだデロリスを、サザー警部(ビル・ナン)はサンフランシスコの修道院に匿うことにします。新米尼僧シスター・クラレンスとして修道院に迎えられたデロリスは、厳格な修道院長(マギー・スミス)の高圧的態度にも何ら臆することなく、シスター・パトリック(キャシー・ナジミー)やシスター・ロバーツ(ウェンディ・マッケナ)ら若い尼僧たちとすぐに打ち解け、ラザラス尼(メアリー・ウィックス)から聖歌隊のリーダーを引き継ぎます。歌のレパートリーにソウルやロックのナンバーを加えると、聖歌隊は以前とは見違えるほど生き生きしたコーラス隊に変貌し、周囲が驚くほどの実力と人気を博していきます――。

舞台版の物語もほぼこれを踏襲しています(ミュージカル版は舞台がリノからフィラデルフィアに変更になっていますが、実はこれがミソ)。では、映画版と舞台版の最大の違いは何か?

それは、映画版が既存曲を挿入していたのに対し、ミュージカル版はアラン・メンケン&グレン・スレイター(舞台版『リトル・マーメイド』を手掛けた名コンビ)が、全曲新たに書き下ろしていることです。白人のアラン・メンケンが、1977年のフィラデルフィアを舞台にしたソウル・ミュージックのノリと、伝統的ミュージカルのハーモニーや旋律を巧みに融合しているところが、音楽ファンにはたまらない大きな聴きどころなのです。

 筆者が観た日はデロリス=瀬名じゅんでしたが、蓮っ葉な感じは余り無く、スター然とした華やかさが自ずと発露します。ただオリジナル・ロンドン・キャストのPatina Millerと比較すると、やはり声が細く感じられてしまいますが、まあこれはないものねだりというものでしょう。脇役で一番光っていたのは鳳蘭。修道院長が唄うナンバーはしっとりと歌い上げる楽曲が殆どですが、しみじみとした情感を感じさせ、「歌」で「物語」を深く語る力はさすがと深く感服致しました。また、デロリスと幼馴染である警官エディを演ずる石井一孝は、一途な純真さを嫌みなく感じさせ好感が持てます。あとシスター役の春風ひとみと浦嶋りんこは、歌も演技も踊りも安心して見ていられます。

でも、やはりこのミュージカルの真の主役は、メンケン&スレイターが書き下ろした楽曲に乗せ、無我夢中で歌い踊るシスター達です。禁欲的な生活を送るシスター達が、デロリスに感化されて別人のように陽気にかつド派手に歌い踊るというのは、不謹慎と言うか、現実には到底有り得ない設定なのですが、音楽の力によって人がどんどん変わっていく――自己の真の姿に目覚めてくる――躍動感が、この見え見えの嘘を観客に信じさせます。テーマソング的に何度も歌われる“Take Me to Heaven”、第2幕冒頭の素晴らしいシークェンス“Sunday Morning Fever”、ずっと内気だったシスター・メアリー・ロバートが、デロリスとの交流で脱皮して新たな道を歩まんとする心境を歌い上げた感動的ナンバー“The Life I Never Led”(ただし、ラフルアー宮澤エマはやや力不足)等々、『リトル・マーメイド』『美女と野獣』に匹敵する多彩で情感に訴える緻密なスコアが、観る者をごく自然に感動させます。

終演後、近くに座っていた女性二人が「演じている人たちが一番楽しいでしょうね」と言葉を交わすのを耳にしました。まあ、ミュージカルに限らず芝居というものは「観るは天国、演ずるは地獄」の世界ではありますが、演じている人たちが皆キラキラ輝き、観客以上に役者達が楽しんでいると納得させるだけの力と爽快感を、このミュージカルが存分に放っていたのは間違いありません。

映画のファンだった方は、必見! (稲葉 芳明)

Photo_2

Photo

2014年7月封切

メトロ劇場

7月上映中作品 

●フルートベール駅で ●コーヒーをめぐる冒険 (ともに7月11日まで)

7月封切作品

7月5日~7月18日 ぼくたちの家族 

7月5日~7月18日 それでも夜は明ける

7月12日~8月1日 ブルー・ジャスミン

7月19日~8月1日  私の男(R15+)   

7月19日~8月1日 神聖ローマ、運命の日 ~オスマン帝国の進撃~      

テアトルサンク

7月上映中作品 

●テルマエ・ロマエⅡ(7月18日まで)●ノア 約束の船●アナと雪の女王

●X-MEN:フューチャー&パスト●万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-(7月11日まで)

●呪怨 終わりの始まり●

7月封切作品

7月 4日(金) Documentary of AKB48 2014

7月 5日(土)マレフィセント(2D吹替)

7月11日(金) ダイバージェント

7月19日(土)思い出のマーニー

7月25日(金)GODZILLA ゴジラ

7月26日(土)エイトレンジャー2

福井シネマ

7月上映中作品

●花と蛇 ZERO(R18+)(7月18日まで)●サクラサク●春を背負って

●わたしのハワイの歩きかた(7月18日まで)

●聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY ●エレニの帰郷(7月11日まで)

7月封切作品

7月19日 ポケモン・ザ・ムービーXY /破壊の繭とディアンシー 

※同時上映『ピカチュウ、これなんのカギ?』

7月19日 劇場版 仮面ライダー鎧武/烈車戦隊トッキュウジャー

7月26日 幕末高校生

福井コロナシネマワールド

7月上映中作品 

●アナと雪の女王(3D&2D吹替)●闇金ウシジマくん Part2

●X-MEN:フューチャー&パスト●MONSTERZ モンスターズ

●ノア 約束の舟●わたしのハワイの歩きかた●300 帝国の進撃 (R15+)

●超高速!参勤交代●渇き。(R15+)●トランセンデンス●ミスター GO!

●観相師●ガキ☆ロック●ラスト・ミッション●デス・マッチ

7月封切作品

7月 4日(金)オール・ユー・ニード・イズ・キル (3D字幕&吹替)

7月 5日(土)マレフィセント(字幕&吹替)

7月 5日(土)それゆけ!アンパンマン りんごぼうやみんなの願い

7月 5日(土)GF*BF

7月 5日(土)メモリー FIRST TIME

7月 5日(土)女子―ズ

7月12日(土)好きっていいなよ。

7月19日(土)劇場版 仮面ライダー鎧武/烈車戦隊トッキュウジャー

7月19日(土)ポリス・ストーリー/レジェンド

7月19日(土)プレーンズ2/ファイアー&レスキュー

7月26日(土)人生はマラソンだ!

鯖江アレックスシネマ

7月公開中作品

●アナと雪の女王(吹替)●青天の霹靂 ●X-MEN:フューチャー&パスト

●MONSTERZ モンスターズ●万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-

●ニード・フォー・スピード●ノア 約束の舟●春を背負って

●わたしのハワイの歩きかた●聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY

●超高速!参勤交代 ●渇き。(R15+)●トランセンデンス

7月 4日(金)オール・ユー・ニード・イズ・キル (2D字幕)

7月 5日(土)マレフィセント(字幕&吹替)

7月11日(金)ダイバージェント

7月19日(土)思い出のマーニー

7月19日(土)ポケモン・ザ・ムービーXY /破壊の繭とディアンシー 

※同時上映『ピカチュウ、これなんのカギ?』

7月19日(土)劇場版 仮面ライダー鎧武/烈車戦隊トッキュウジャー

7月19日(土)プレーンズ2/ファイアー&レスキュー

7月25日(金)GODZILLA ゴジラ(3D吹替&2D字幕)

敦賀アレックスシネマ

7月公開中作品

●X-MEN:フューチャー&パスト●MONSTERZ モンスターズ

●万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-●アナと雪の女王(2D吹替版)

●トランセンデンス●春を背負って●ノア 約束の船●

7月封切作品

7月 5日(土)マレフィセント(2D吹替)

7月19日(土)思い出のマーニー

7月19日(土)ポケモン・ザ・ムービーXY /破壊の繭とディアンシー

 ※同時上映『ピカチュウ、これなんのカギ?』

7月25日(金)GODZILLA ゴジラ(3D吹替&字幕)