フォトアルバム

映画サークルお勧めの映画

HP内映画検索

アクセスカウンター

  • 一番多いお客様の県は?

    ジオターゲティング

« 2014年12月封切 | メイン | 2015年 1月封切 »

2014年12月29日 (月)

散歩道 静かな映画

  少し難聴気味だということはわかっていたが、「ふしぎな岬の物語」を観に行ったとき台詞がよく聞こえなかったときはショックだった。モントリオール世界映画祭で、審査員特別グランプリなどを受賞したというから、観てみようかなと思って映画館へ行ったものの、映画のセリフがあまり聞こえなかったことに、いまだに私は落ち込んでいる。

まわりを見回すと、当然ながらみんな黙って観ている。「聞こえますか」と訊いてみたいのを堪えているうち、諦めた。全く聞こえないわけではないから、セリフをきちんと聴くことを諦めると、体の力も抜けて、椅子にゆったりともたれて、「マアいいや」と距離を置いた目で映画を眺めるようになった。

さて「ふしぎな岬の物語」は吉永小百合が演じる岬のカフェの女店主である悦子を軸に、ここに集う人たちや絆を描いているのだが、風景もカフェもとびきり美しいわけではなく、地味である。たいして客が来るわけでなく、経営が成り立つとは思えないけれど、この際これはいいのである。

さて、セリフが聞こえないと困るのが、人間関係がわからないことだ。悦子と阿部寛の役はどういう関係なの? とか、竹内結子演じる娘はなんで出てくるの? とか、疑問だらけである。それらを頭の奥に押しやってとにかく観る。

店主の悦子はいつも長いフレアースカートをはいてエプロンをしている。吉永小百合はもうすぐ七十歳になるはずだが、きれいだった。こんな衣装ばかりでは可哀そうと思っていたら、結婚式を手伝うことになった彼女が白っぽいいいスーツを着ていた。そうか、エプロン以外も用意してあったかと思う。汚い衣装の阿部寛もスーツを着るといい男になった。こんなふうに観ることになる。

悦子も他の人も何を言っているのかよくわからなかった「ふしぎな岬の物語」は、つましくて、温かい映画だということはわかった。笑福亭鶴瓶演じるタニさんが船で立つシーンは特によかった。岬に立ってタニさんに千切れるほど手を振っていた悦子が深々と長く頭を下げていた。手を振る行為にはさよならの意味はあっても感謝の心は表れない。それがよくわかった。悦子を見たタニさんも同じように頭を下げた。離れていく船。おだやかな海。小さくなるカフェと悦子。私の頬を流れるものがあった。もしセリフが全部聞こえていたら、このシーンにこれほどの感動はなかったかも知れない。セリフのよく聞こえない静かな映画も、よかったと思えた。(中島美千代)

コメント

コメントを投稿