フォトアルバム

映画サークルお勧めの映画

HP内映画検索

アクセスカウンター

  • 一番多いお客様の県は?

    ジオターゲティング

« 東日本大震災後を見つめてみよう① | メイン

2016年3月13日 (日)

東日本大震災後を見つめてみよう②

Syusyo_2

「首相官邸の前で」予告編

上映日 :3月6日(日)
上映場所:コワーキングスペース「sankaku」
(ガレリア元町商店街・ カフェリビング「sumu」3階)
上映時間:午後:14:00~15:49
(上映後、30分程のディスカッションタイムあり)
鑑賞料:1,000円 (18歳以下無料、鑑賞料はワンドリンクを含んだ料金です)

30名のお客様

~来場者の声~

このような映画が、福井でもっと上映され、見られる事を望みます。ありがとうございました。

上映会で知らなかった事を知れて有意義な時間でした。ありがとうございました。
私的には反省の気持ちと今後の指針を考えなければと改めて思いました。

熱き抗議的(?)運動に改めて感動する。かくの様な行動を多くの方に見て貰いたい思いです。
自立していきたいと考えます。

すばらしい企画ありがとうございました。
上映会に参加する事もひとつの意思表示としてあるのだと思いました。

疲れたー、70代にはー。本日デモに参加した気分ですよ。
福井でもっと盛り上がらないといけないのに。勉強不足で声を上がられない私なので、今日、参加させてもらい、よかったです。

決して諦めてはいけない!! それが”力”になってゆくのだと改めて思いました。

心の友人、JACINTAの姿をこの映画でようやく見れてよかった。昨年末にも会いそびれたので、彼女の声を聴けて嬉しい。上映ありがとうございました。

以前から観たいと思っていた映画なので、福井の地で観る事が出来てありがたかった。作品的にもたいへん評価出来る内容であったと思う。

いろんな意見が出て面白かったです。野田さんのころのこんなこと忘れてました。

福島原発事故のあと、このように大きなデモが東京で行われていた事を知りませんでした。
安保デモの時はかろうじて報道されて、その参加数も主催者側との大きな食い違いにマスコミの誇りを持たない報道をとても残念に、いえ、怒りさえも覚えています。
昨今の行政に対して気持ち悪くなっています。
先の戦前の状況に近づいているような気がして。
原発をやめられない理由には、プルトニウム技術を軍事(核)に使えるようにということもあるのではないかと・・・。
このような上映会をもっともっと行って欲しいと思います。
今日はありがとうございました。 頑張りましょー。"

決して、決して、決してあきらめない、という思いに賛同します。
現在35歳、3児の母であり、教師である私にとって、私より年若い人のために、子どもたちのために、何か出来る事をやっておかなければ申し訳ない、という気持ちを5年前からずっと思い続けています。
私が日々接している高校生たちは、小学生の時に震災を経験しました。これから私が接する高校生たちは次第に、(震災の時は)幼すぎて記憶の無い世代になって行きます。私は私のフィールドで 声を上げて行こう と思います。

僕も原発反対です。 今、原発を止めたいです。

また、デモに参加していこうと思いました。
デモをすることに意味があるのか? について、
今日のみなさんのお話を聞いていて、外国ではもっとデモが普通に行われている、声を上げるのが当たり前。日本もそういう国になってほしいと思った。 原発はそもそも、ずっと推進して行く事は出来ない。(燃料プールも満杯)
それは国も電力会社も分かっているだろうから、どのみち原発は止まる。でも私は、なんとなく国とか力を持っている人たちのなすがままにされるのでなく、自分の意見を声を上げて行くということが大事なのでは(と思う)。
だからデモは大事。

子供二人も東京に行って(大学生と社会人)としてデモに参加しました。映画を観て、戦前のように簡単に戦争を始める事は無いと感じました。 日本人の民度が高まっているからです。中間層が大きくなって国民のレベルがアップした事が、きちんとした判断に繋がっていると感じたからです。

デモの断片はネットで見る事はあったが全体像は初めて知った。
マスコミが報じなかった理由が理解出来ない。
政治家の多くは元々信頼出来ないが、ここに政治家、マスコミの姿が見られないのが残念だ。"

デモ+社会を変える仕組み、両方やって欲しいと思います。
政治家はデモをやっている人を見て、そんなことをやる時間があったら原発の代替案を考えたり、自然エネルギーを増やす為の議論や運動、廃炉ビジネスについてのことをしたらいいのでは、と思っている。
しかし、デモをやる人は、なぜ伝わらないの?! と一点張り。
お互い同じテーブルで喋るようなことがもっと増えて欲しい。政治家はもっと足を運ぶべき。

福井の中心地でこうした映画上映が計画された事に感謝します。 これからも連続的に是非、計画して頂けたらと思います。

今日のは、記録映画と聞いてなるほど、と!
以前、神通川、イタイイタイ病の、みに・キネマ・福井主催の(?)(故)佐藤真監督の「まひるの星」を観させて頂きました。
「日常というかがみ」という著書を何回も読みました。この映画と共通しているのは、日常をどう生きるか、ということだと思います。取り敢えず、まずは選挙。
コーヒー、飲み物は必要? おカネはフィルム代に回す? (会場のカフェで飲み物を注文したのは)場所代の代わり?

科学技術、経済、宗教等が絡むややこしい問題だと考えます。

私は活動家では無いですが、自分が良しと思ったことに対しては活動を続けています。
「ナオトひとりっきり」にしても、今回、次回(みに・キネマ・福井主催の「飯舘村」のこと?)、原発中心になってますが、沖縄問題など様々な事をやっていこうと思ってます。
首相官邸前のデモも参加しましたし(1回だけですが、当時は関西におり交通費の問題もあり)、2011年4月28日〜5月3日まで、個人でボランティアにも参加しました。若い人は期待出来ます。マスコミは期待出来ません。選挙で答を出して行くしかないです。
ウェーブを小さな事から大きな事にしていこうと思います。
これからも個人で活動していきます。

名も無い一市民が声を出し合えば、時の政権まで動かした。素晴らしい。
自民党政権に変わってから人々の声が押しつぶされたような感じだ。
でも、この映画を大飯原発の地元で上映したことは、やはり埋もれた市民の声の集約の現れでしょう。

私から見れば、ただ単に記録映画でしか無い。 本当の反対はもっと違うのではないか?
現在は大飯では再稼働が始まっているので、5年前はいったい何だったのか?

音量が大きくて冷静に考える時間を奪い、たいへん疲れました。
民主党は不運だった。自民党政権だったらどうだっただろうか。
この(映画の)抗議活動が今の自民党の動きにどうして今、その動きが無いのだろう。今の方がもっと腹立たしいのに。

コメント

コメントを投稿